2009年06月13日

DSR-1の刻印の謎が解けた

(PC観覧用に作成しているので携帯だと読みにくい部分があると思いますのでご了承ください。)

サイトーです。

色々海外のHPをめぐっていく中でようやくDSRの刻印の違いの理由を発見しました。

基本「DSR-Percision社」と「AMP Tecnical Services社」は別の会社(もしくは別の部門)だとわかりました。

こちらがDSRプレジション社のHP(PCではURLをクリックすればHPに飛びます)
http://www.dsr-precision.com/index.php?option=com_content&task=view&id=4&Itemid=6

そしてAMP Tecnical Services社のHP
http://www.amp-ts.com/


この2社のDSRで刻印が「AMP DSR No.1」か「DSR-Percision」かの二つに分かれることが判明しました。

AMP社のDSRが「DSR No.1」でDSRプレジション社のDSRが「DSR-1」・・・・。



そして新型のDSRはこの「DSR-Percision」との提携で刻印が再現されているそうなので(お店曰く)DSR-PercisionバージョンがNEWバージョン、AMT刻印が旧バージョン(初期ロット)との事だそうです。

この辺を国内ではAMPとDSR-Percisionとが一緒になっちゃってるんで混乱を招いてるんだと思います。

海外では「DSR-Percision」刻印のものが「バージョン2」と表記されておりました。

そしてこちらがその写真。





おそらく元々の設計がAMP社で、現在の製造販売元がDSR-Percision社なんだと思います。もしくは軍、法執行関係の納品先がAMP社で一般製造がDSR-Percisionとか・・・・。まぁ理由はわかりませんが二つあることが分かりました。

ようはMAGPULのマサダと同じで設計がMAGPULで、製造販売がブッシュマスターと同じことなんではないでしょうかね?

こちらがDSR-Percision社HPのDSR-1実銃写真です。


今回自分が購入したARESのDSRと刻印が全く同じです。



んでこちらがAMP Tecnical Services社製のDSR No.1の実銃写真です。

ARESでは「AMT]ですがこちらは「AMP」となっております。
これで刻印の謎が解けました。

ARES DSR(上)と実銃のDSR(下)との比較写真(ちなみに実銃の方のDSRはフルスチールバージョンらしく全体が黒みがかってます。)


海外表記が正しければ私のDSRはリニューアル版ってことになりますね。
どちらにせよAM「T」 Tecnical Servicesは存在しません・・・・。

(↓は某オクで初期ロットで売られていたDSRの刻印)


国内のは写真を使いまわしてる事がほとんどなので混乱を招きます。

ARESのHPのDSRは今回自分が購入したDSR-Percision刻印のものに差し替えられています。

とりあえず初期ロットとNEWバージョンの刻印の違いのレビューは一先ず終わりです。

なかなか表舞台に立たない銃なので調べるのに苦労する銃です。






同じカテゴリー(DSR No.1)の記事画像
DSR―1 内部カスタム
DSR-1新型or旧型の謎
ARES製 AMP DSR No.1スナイパーライフル①
DSR No.1 スナイパーライフル
同じカテゴリー(DSR No.1)の記事
 DSR―1 内部カスタム (2009-07-13 19:58)
 やっぱ新型DSR-1/Newバージョンでした。 (2009-06-15 12:43)
 DSR-1新型or旧型の謎 (2009-06-13 00:16)
 ARES製 AMP DSR No.1スナイパーライフル① (2009-06-12 17:02)
 DSR No.1 スナイパーライフル (2009-06-09 22:07)
この記事へのコメント
DSRはメタルギアに出て中途半端に有名になっちゃったから、また余計にややこしくなったんじゃないでしょうかねぇ?
Posted by サダヲ at 2009年06月13日 17:08
サイトー様
こんにちは。

早速、読ませて頂きました。
色々とDSRも、ややこしい面がありますね。
サイトー様のお陰で、勉強になりました。有り難う御座います。


因みに、私のDSRの付属スコープですが…おそらくは初期ロットだった為と思われますけど、刻印は無しです。

推測ですけど…サイトー様の所有されている、DSRからスコープに刻印を入れたのだろうと思われますよ。
Posted by ふくじ at 2009年06月13日 17:22
>>サダヲ様

ぶっちゃけARESが最初からDSRプレシジョン社、もしくはAMP社から公認を受けてからDSRを発売してたらこんな混乱を招く事はなかったんですよ。

1万高かろうが安かろうが、この手のマニア銃を買う人は一万程度の価格なんて気にしてません。
刻印一つでも気になる人が多いので初期ロット買った人は形は同じでも損した気分になるんですよ。
あってはならない事だと思いますね。
取り敢えずNewバージョンらしいので良かったですが…。
俺個人はDSR自体メタルギア4に出るずっと以前(AMPから初披露された頃)から知っていました。

メタルギア4で知名度が上ったのは確かでしょうね。

チェイタックM200も『ザ・シューター極大射程』以前から月刊GUN誌で紹介されてた頃から知ってましたが、映画で出て知名度が上ったのも事実ですね。

PGM自体は俺個人ゲームの『HITMANコントラクト』で初めて知った銃でした。
Posted by サイトー at 2009年06月13日 17:36
>ふくじ様

今ふくじ様のブログで紹介してるDSR刻印見ましたが、俺のと全く違いました。

ブログ写真を見てなかったので同じと勘違いして記事を書いておりました。

申し訳ありません。


自分のロットとふくじ様のロットとは違うみたいです。

スコープの刻印の入り無しもロットの違いが関係してるのでしょう…。


取り敢えずはDSRプレシジョンとAMPと二つ刻印がある事が判明したので勉強になりました。

最初からARESが刻印をしっかり設定して発売してれば混乱を招く事はなかったんですけどね。
Posted by サイトー at 2009年06月13日 18:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。